【駅からハイキング】台風の中でセルフ駅ハイ@行田

更新頻度が下がっているので、最近旅日記ばっかりだな~。しゃあないか。

さて、本題へ。

我が家が月イチくらいの頻度で参加している、JRのイベント「駅からハイキング」
今回は台風接近の中、7月15日のイベントに行ってきた。

羽生駅から秩父鉄道で行田市駅まで乗車するが、いつもはそれらしい人がちらほら一緒に乗車しているのに、どうもこの日はそれっぽい人がほぼゼロというのが気になる。
案の定、駅で降りると「本日の駅からハイキングは中止となりました」の貼り紙。

もしやと思ってはいたけど、がっくし。
でも受付(ポイントがたまる)はちゃんとやっていて、参加すると毎回もらえる電車の缶バッチもゲットできたから、よしとすっか。

さて、せっかく来たのにそのまま家に帰るのはもったいないよね。
ってことでセルフ駅ハイすることにした。

あたりを付けていた立ち寄りポイントがハイキングコース通りだったので、もらった地図を見ながらウォーキングスタート。
通り道にあった美容院の人が「何でこんな日に歩いているのかしら?」という目で不思議そうに見ているが、そんなことは気にせず、ずんずん歩いていく。
確かに天気の悪い中でバックパック背負って歩く姿は奇妙かもしれない。

第一目的地の「忍城」に向かう途中、歩道にある消火栓のふたに忍城の絵が描いてあるのを発見。可愛いのでパチリ。掲載順じゃないけど、見つけたSLもパチリ。

忍城到着。
戦国時代に、かの石田三成がこの城に水攻めをしたけど落城しなかったことで「忍の浮き城」という別名が付いているんだって。へ~ほふ~ん(詳しいことはウィキで)。

画像 画像 画像
秩父鉄道車両、消火栓ふた、忍城

さらっと忍城を流して第二目的地の「さきたま古墳群」へ。小学校の社会科見学で一度来たことのある場所だ。なつかすぃ~。

風と雨がかなり厳しくなってきたので、古墳全部を見て周るのは諦めてしぼって見ることにする。
日本最大という丸墓山古墳が、高さもあり見晴らしが良さそうなので登ってみる。そこから見ると隣りの稲荷山古墳(国宝に指定された鉄剣が出土したところ)が前方後円墳なのがよく分かる。おぉ~っ。
読んで字の如く、「□」が前で後ろが「○」なんだけど、チビっこいときは逆だと思っていた。そういう人って多いんじゃないかな~(俺だけ?)。

画像 画像 画像
SL、稲荷山古墳、古代蓮

次は最後の目的地、「古代蓮の里」。も~、ホント風雨がヒドくなってきた。傘が壊れそう…。
スタートから約5、6キロはあっただろうか。このコンディションでよく歩いたものだ。屋久島の縄文杉登山でも雨は降ったが、この日のほうがツラかったよ。

忍城と古墳ではウチらの他の人は皆無に近かったが、さすがに古代蓮見ごろシーズンとあって、ここにはちらほら見物客がいる。ただ、この日予定されていた「行田蓮まつり」は中止だったが。

実は古代蓮ってはじめて観た(はず)んだけど、結構デカいね。比較対照とするものが写っていないので説明すると、大体人の顔の大きさはある。普通の蓮ってもっと小さいよね。

風と雨が強く、ほとんどの蓮が下にうつむいてしまっていたが、ピンク色がキレイだったな~。

画像
蓮アップ

ここでセルフ駅ハイ終了。
駅への戻りはさすがに歩くのはやめてバスを利用。

雨具を着用していなかったから全身びっしょりになっちゃったけど、小学生のときに台風の中を下校したときの経験を思い出すイベントであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック