【スノーボード】石打丸山日帰りツアー

三連休中日の2月10日、前にいた会社つながりのスノボ仲間たち3人と石打丸山に行ってきた。
このメンバーでの滑走は2年ぶり。企画はOクン、ありがとね!

行きの新幹線で各自の近況などをトーク。
2年前のツアーでそろそろ結婚、と話していた2人はめでたく結婚していて、残るひとりもちょっと相手の父親が堅物で手強いらしいが結婚しそうな様子。
俺以外の3人とは学年で9歳も離れているので、「みんな大人になったなぁ」と親戚のように思ったりしてしまった(;^_^A

そんな中Oクンから、今シーズン一緒にスノボに行った人が頭を打って記憶障害になってしまったという気になる話が。
聞いてみると、頭を強打しなかったものの同じことを何度も聞かれたりと、近い過去の記憶が出来ない状態になってしまったとのこと(今は治っているそう)。もう若くないから気を付けよう、とみんなでウンウンと頷く。

とか何とか話しているうちに越後湯沢に到着。いつもながら大宮からはあっという間だな~。
シャトルバスでスキー場に着くと、あちゃ~連休中日のぜいかメチャメチャ混んでいる。メジャーなコースを滑るのに使うリフトはどこも大行列。滑っているというよりも並んでいると言ったほうが正しいような状態で昼休憩に突入。
昼過ぎからは多少混雑が緩和されてきたような気もしたが、残念ながら身体のほうがギブ気味に。リフト待ちでの立ち疲れかも…。
でも終盤は何本か快適に滑走出来たのでOKとしよう。今日のツアーはみんなと久しぶりの再会を楽しむ日と位置付けていたしね。

「風呂に入ろう」という話になり、スキー場を後にして越後湯沢駅構内の「酒風呂」に。
この風呂は一応温泉で名前通りでお湯に酒が入っているらしいが、酒の臭いは分からなかった…。
でも、ガーラの湯に比べたらこっちのほうがお湯的には断然イイね(曲がりなりにも温泉)。タオル付きで\800、後で戻ってくるコイン式のロッカーやボード&スキー置き場も設置されていることを考えるとなかなかのサービスなんじゃないかな(冬しか入らないと思うが)。
最後に風呂に浸かっていると、「ガタンゴトン」と電車の音が響いてくるのはプチ電車好きにはタマラナイ感じということレポートしておこう。
ただ窓がないのとキャパ不足はマイナス部分であることは否めない。ウチらは待たずに入浴出来たが、風呂から上がってぽんしゅ館で買物しているうちに30分待ちとなっていた…。早めにスキー場を出発しておいて実にラッキー。

ぽんしゅ館で、噂の?コシヒカリBLと八海山泉ビールを土産に買って帰路に付く。濡れたウエアやブーツと米とビールが実に重たい…。
と帰りの電車で妻にメールを打ったら、自宅最寄り駅に何と妻が迎えに来てくれていた。改めてここで礼を言いたいと思う。ありがとー、ありがとー!

画像

翌日は、買ってきた米でおにぎりを。当たり前だが八海山泉ビールも一緒だ(;^_^A
炊く前に「粒が揃っていてキレイ」と妻が言っていたので期待して食べてみる。
う~ん、思ったほどは美味しくないかも。けしてマズくはなく、ウマイほうであるとは思う。でも、いつも食べている近所の農家から買っているコシヒカリのほうがウマイ気がする(妻も同意見)。
米の味は天候や栽培方法、水加減や炊き方によっても変化するのだろうから、一概には言えないかもしれないんだけどね。
でも、来年近所の農家が従来品種なのかBL米なのかは気になるところなので、次回買うときに聞いてみることにしよう。

♪最近の1曲♪
Rockit:Herbie Hancock 「Future Shock」
職場先輩Hさんのジャズライブをきっかけに
ハービー・ハンコックを聴いてみようと思って
図書館で借りてきたCDから。
「踊る!さんま御殿」でかかっているのがコレ。
なんだそうだったんだ~! という驚きは
置いといて、ノリノリの自分好みの曲である。

フューチャー・ショック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック