奈良旅行:その1

動画に続いて本編?へ。写真を選びつつ記事アップをしていこう。

金曜の夜に上野から高速バスに乗り込んで奈良に向けて出発。今回のバスではナゼだかあまり眠ることが出来なかった。体が疲れていなかったのかねぇ?

画像 画像

朝、JR奈良駅到着!
元気そうに見せているが、寝不足気味。それでも腹は減っているので、駅前の「なか卯」で朝食。

今回の旅の目的のひとつが「キトラ古墳壁画」鑑賞で、当初は近鉄奈良駅から橿原神宮に移動してレンタサイクルする予定だったんだけど、家を出てから「箸墓古墳」も見ておきたいな~と思ってしまった(理由はのちほど)。ってことで桜井で自転車借りたら壁画、古墳のどちらも周りやすそうなので、移動をJRですることに変更。近鉄の駅まで歩かずに済むのも寝不足の朝一には有難い。
こういう風に行き当たりばったりで予定変更するのも楽しいかも。今回はガチガチに予定を組んでいなかったから、変更もし易かった。

画像 画像 画像

電車まで時間があるので、駅構内にあった「メッセージによる桜の木」に参加させてもらった。書いたのはベタだけど「奈良ラブ」。書きなぐり気味w
ホームで飲んだ「濃いめの一服」。関東じゃ見ない気がしたが、調べたら全国販売とあったので気のせいかな。なか卯の汁が濃い味だったので、濃い甘い味もそう気にならなかった。

画像 画像 画像


桜井で自転車を借りて、サクっと飛鳥資料館へ行くつもりが道に迷って「藤原宮跡」まで来てしまった…。と余計なまわり道をしてしまったが、地元の方々に道を聞きながらなんとか到着。
当然だが、館内写真撮影禁止なので壁画写真はなし。青龍・玄武・白虎・朱雀の順で鑑賞するのだが、かつての上野でのパンダ舎みたいに、列を作って少しずつそれが進んでいくので割とゆっくり見ることが出来た(前の人が見ている間は基本的に列を進めない)。青龍はほとんど見えなくなってしまっていたがそれ以外は形が分かる状態で、特に玄武はくっきり残っていた。
ちなみに四神勢揃いでの公開は初だったのだそうだ(朱雀が初公開)。
里中満智子の絵を描いたバスが通ったのでパチリ。描かれていた「天上の虹」という作品は読んだことがなかったが、夫婦揃って「あれ、里中満智子じゃね?」と言うあたりは「海のオーロラ」の影響だろうか?

つづく。

この記事へのトラックバック